« 4月25日から肩書きが変わりました | トップページ | 「IT嫌いはまだ早い」2005年7月号 »

2006年5月24日 (水)

PCは個人が自由に使えるコンピュータである

ITガバナンスとか、セキュリティ管理とか、リスク管理とか、そんなものはどうでもよくって、とにかく、自宅でも会社でも、自分が好きに使えるコンピュータが欲しいんですよ。

って、言ってみたい。

『日本における「enterprise2.0」がむなしい理由 』
とか、
『ホワイトリストとパーソナルコンピューティングのあるべき姿』
とか
『グループ・ポリシーの目的,勘違いしてはいませんか?』
とか(これは拙著)読んで思うのであった。

そう思って、「100年Windows」に『PCはアナーキーな道具(だった)』を書いてみた。
明日公開予定だと思ったら深夜零時なのでもう公開されていた。

ところで、拙著は「参考になった」が28%。
当然すぎて参考にならなかったのか、それとも「自由に使えるPC」という発想が受け入れられないのか。

|

« 4月25日から肩書きが変わりました | トップページ | 「IT嫌いはまだ早い」2005年7月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127966/10227903

この記事へのトラックバック一覧です: PCは個人が自由に使えるコンピュータである:

« 4月25日から肩書きが変わりました | トップページ | 「IT嫌いはまだ早い」2005年7月号 »