« 【社会】阪神淡路大震災 | トップページ | 【服装】米国人の勝負ネクタイ »

2010年1月20日 (水)

【写真】追伸「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン~東洋と西洋のまなざし」展

写真仲間の友人が詳しい感想を書いています。

ところで、これから見に行く方、コンタクトプリントを食い入るように見てください。
本当に面白いと思います。

たとえば、木村伊兵衛の作品で「板塀、秋田追分(1953年)」には馬のしっぽが写っています。
そして、コンタクトプリントで前後のカットを見ると、同じ場所の写真はあるのに馬の頭がありません。
つまり、木村は最初からしっぽだけを狙ったのだと想像できます。

作品は、作品だけで理解すべきだという意見もありますが、撮影意図が分かると別の面白さがあると思います。

ところで、これから見に行こうという方で、40歳代以上の方へのアドバイス。

老眼鏡をお忘れなく。

コンタクトプリントは、35mmフィルムを引き延ばさずに直接焼き付けたものですから、1コマのサイズは24mm×36mmです。

ふつうはルーペで見るんですが、そんなものは展示会場にありません。

私は、それでロッカーに預けてあったカバンに入っているメガネを取りに戻りました。

|

« 【社会】阪神淡路大震災 | トップページ | 【服装】米国人の勝負ネクタイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127966/47340693

この記事へのトラックバック一覧です: 【写真】追伸「木村伊兵衛とアンリ・カルティエ=ブレッソン~東洋と西洋のまなざし」展:

« 【社会】阪神淡路大震災 | トップページ | 【服装】米国人の勝負ネクタイ »