« 【読書日記】サリンジャー死去 | トップページ | 【映画】涼宮ハルヒの消失 »

2010年2月 3日 (水)

【旅行】米国旅行は結構面倒

米国渡航手続きまとめ

●パスポート

有効期限内で、本人所有のもの。
期限切れのものや、弟のものを持ってきてはいけません。

●航空機チケット

通常は往復分が必要です。
入国時に復路のチケットの提示を要求されることがあります。
e-Ticketは印刷しておきましょう。

●滞在先

搭乗時に宿泊先の住所を登録する必要があります。
以前は都市とホテル名だけで良かったんですが、最近変わったのか、係員によって違うのか、完全な住所を要求されることがあります。
ホテル名と住所をメモしておきましょう。
(ハイアットとか、とっさにスペルが出てきません)

●ESTA(電子渡航認証システム)

2009年から短期商用・観光目的の入国用に導入。
氏名、性別、生年月日、パスポート番号などを登録して、入国事前審査の補助を行うシステム。
あくまでも補助なので、ESTAで許可されたからといって入国が保証されるわけではありません。
また、一度登録したら(パスポートの有効期限内で)2年間有効です。
入国時にESTAの登録番号は不要ですが念のため控えておくこと。

★注意:ESTAは無償です★

GoogleでESTAを検索すると、スポンサーとしてwww.estajapan.orgが表示されます。
アクセスすると、ポート番号458のWebサイトに誘導されます。
この時点でちょっと怪しいのですが、申込時に$4の手数料を請求されて、なお怪しい。

ちなみにbing.comで検索すると、さらに手数料$48.50の業者も表示されます。
bing.comの方が価値があるのか、それとも単に広告料が安いのかは知りません。

米国大使館のWebサイトによると、これらはESTA申請代行業者だそうです(違法ではない模様)。

ESTAの申請は公式サイトでも日本語でできますし、手続きは代行業者のものより簡単なくらいです。
無駄なお金を使う必要はありません。

参考: 米国大使館のWebサイト(ESTA申請は無料)

●米国運輸保安局(TSA)のSecure Flightプログラム

航空会社に対して、氏名と生年月日、性別などを伝えます。
2月に渡米するための飛行機チケットを確認しようとして、Webサイトにアクセスしたら「追加情報が必要」とあったので気付きました。
最近始まったようです。

|

« 【読書日記】サリンジャー死去 | トップページ | 【映画】涼宮ハルヒの消失 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127966/47463862

この記事へのトラックバック一覧です: 【旅行】米国旅行は結構面倒:

« 【読書日記】サリンジャー死去 | トップページ | 【映画】涼宮ハルヒの消失 »