« デジタルカメラの技術と農産物の品質管理 | トップページ | 11月23日(土)宮崎奈穂子さんソロライブ(渋谷AX) »

2013年11月23日 (土)

今さらの「奈穂子の部屋へようこそ」

日付かわって本日11/23(土)は宮崎奈穂子さんの1年ぶりのソロライブです。

昨年11月2日の武道館コンサートのあと「この感動で1年は頑張れる」と言って、絢音さんに「いい表現だ」と言われたのですが、もう1年です。

そして、このブログエントリは10月15日(火)に開催されたイベント「奈穂子の部屋へようこそ」です。遅れるにもほどがありますが、ソロライブよりも前に書かないといけないと思って今書きます。

セットリストは、POCHACCOさんのブログから拝借しました。

●オープニング

場所は高田馬場の「天窓.Comfort」、グランドピアノがおいてある小さなライブハウスです。そこに、宮崎奈穂子さんがホスト(ホステス?)となって同じ事務所のシンガーを呼ぶという設定です。

入場時にお菓子をもらいました。ハロウィーンが近かったせいでしょうか。これでもういたずらはできません。

最初は出場者の自己紹介。なぜかkado junがピアノに座り(本来はギター)、ねこふんじゃったを弾くというカオスぶり。

●大禅師文子

全員の自己紹介のあと、いったん退場、そして大禅師文子さんが登場し、2曲を披露してくれました。

  • もしも私が1日神様の代役になったなら
  • 海に降る雪

「海に降る雪」は曲も好きだし、「海に降る雪は積もらない」という歌詞も好きです。海に降る雪は積もらないって、すごいと思いませんか。

●Chiaki/御神楽千秋/ちあき

2人目は、Chiaki/御神楽千秋/ちあきさん。
この人、キャラクター毎に名前を使い分けているので、個人を呼ぶときに面倒で仕方ありません。旧称の千晶さんでイキタイと思います。

歌ったのは2曲

  • アゲハ蝶(Chiaki)
  • 涙の照手姫(御神楽千秋)

そして、大禅師文子さんとChiakiさんの「Stranger」。なかなか良かったですね。2人が掛け合う部分があるのですが、これがいい感じ。

今日のための編曲かと思ったんですが、実はオリジナルと同じでした。ただし、オリジナルCDはコーラスなのでかなり弱く入ってます。

●Kado Jun

そして、Kado Junが登場

  • もう、あかん
  • Identityの僕(未発表曲)

続いて、宮崎奈穂子さんとKado Junで1曲

  • Blue

●さとなか唯

次はさとなか唯さんが、以下の2曲を歌いました。

  • だからここで歌っている
  • 幸せになる(未発表曲)

そのあと、宮崎奈穂子さんとさとなか唯さんで

  • ユイマールの泉

この曲は私も好きです。
何より、2人のハーモニーが素晴らしい。宮崎奈穂子さん、途中で間違えるんですが、そんなことは問題ではないくらいの出来映えでした。ジャネット・リンは転んでも3位です(札幌オリンピックのエピソードです)。

今度、ぜひ2人のデュエットアルバムを作って欲しいと思います。

●宮崎奈穂子

「奈穂子の部屋」の主は以下の2曲。

  • まっすぐ行こう
  • 生きる力

「まっすぐ行こう」は、先日の出版記念パーティの時、参加者からアンコールを求められ「何にしよう」と相談された時に私がリクエストした曲です。
(別にそのことは関係ないと思いますが)

「へえー、あの曲好きなんだ」みたいな意外な反応でしたが、明るくていい曲だと思います。ただ、本来の曲よりもちょっとゆったりしたテンポでした。

「まっすぐ行こう」は「ポケットチャレンジャー」という携帯ゲームのテーマ曲で、以前にゲームのユーザー向け企画でも披露していました。この時はしっかりテンポが取れていたんですが、今回はかなりバラード風でした。

もう1曲の「生きる力」は、日産GTRチームに贈る歌で、こちらは誰もが納得するいい曲です。

そして、最後は意外な曲を出演アーティスト全員で歌いました。

  • PASSION MISSION ACTION ~SAORIのように~

この曲は、レスリングの吉田沙保里さんに贈る曲で、「歌・こよみ365曲」の最初に歌でもあります。

「歌・こよみ365曲」は、1年間で365曲「みなさまの思いを歌にする」という意図で始められた企画で、11月に完成する予定です。完成が見えてきて初心に返るという意味もあったのかもしれません。

ただし、本来は軽快な曲が、なぜかバラードになってしまい、千晶さんが笑い出すというハプニングもありました。

「まっすぐ行こう」といい、アップテンポの曲は苦手なのかもしれません。

●おわりに

こういう企画は面白いのでまたやってほしいですね。

特に、デュエットは普段見られない表情が出て、なかなか新鮮でした。

それにしても、大禅師文子・千晶、宮崎奈穂子・さとなか唯の組み合わせは素晴らしい出来でした。今度は組み合わせを替えてもいいかもしれません。

|

« デジタルカメラの技術と農産物の品質管理 | トップページ | 11月23日(土)宮崎奈穂子さんソロライブ(渋谷AX) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127966/58625958

この記事へのトラックバック一覧です: 今さらの「奈穂子の部屋へようこそ」:

« デジタルカメラの技術と農産物の品質管理 | トップページ | 11月23日(土)宮崎奈穂子さんソロライブ(渋谷AX) »