« 2015年11月と12月の宮崎奈穂子さん | トップページ | ライブステージの写真 »

2016年1月26日 (火)

ヤマハ AST-1: CDの音はさすがに良かった

昨日、ものすごく久しぶりにCDをオーディオセットで聞いてみたら、いい音でした。さすが非圧縮44.1KHz 16ビットサンプリング。最近は、MP3に代表される不可逆圧縮の音ばかり聞いていたので、新鮮でした。

再生に使っているスピーカシステムは、ヤマハAST-1。1989年の発売直後に買ったので、かなり古いものです。発売直後に商標問題が発生し、後継機からYSTに変更されました。

基本的にはバスレフタイプのスピーカなんですが、負性抵抗をコントロールするパワーアンプとセットで設計することで、インピーダンスゼロを実現するという、ちょっと変わったシステムでした。

この記事が一番分かりやすかったので、技術的に興味のある方はどうぞ(YAMAHA AST-1)。この記事も良かったと思います(YAMAHA アクティブサーボ システム)。

公式サイトもどうぞ(History of Speaker)。ちょっと見にくいんですが、1989年まで飛んでいただくとリンクがあります。カタログまでありました。

AST-S1

カタログ見ると、どうもコントロールアンプもセットで買ったみたいです。

これが気に入ったので、その後に買ったCDプレーヤーもヤマハです。CDX-590、1996年発売らしいので東京に出てきてから買ったもののようです。

|

« 2015年11月と12月の宮崎奈穂子さん | トップページ | ライブステージの写真 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127966/63122653

この記事へのトラックバック一覧です: ヤマハ AST-1: CDの音はさすがに良かった:

« 2015年11月と12月の宮崎奈穂子さん | トップページ | ライブステージの写真 »