« 2月14日(日)「姫乃たま生誕祭、23歳のつくりかた」(バレンタインデーウィークその6) | トップページ | 不自由な世の中 »

2016年4月13日 (水)

2016年4月10日(日)宮崎奈穂子さんバンドワンマン ~Birthday Live~

4月10日(日)は、午後から「ショートカット推進委員会」のイベントに行き、夕方から宮崎奈穂子さんのライブに行きました。

バンド編成は3年ぶりくらいじゃないかと思います。

キーボードは、いつもサポートしてもらっている吉村先生、ギターはデビュー当時から仕事をしているJOJOさん(でも、ずっと継続して仕事したわけではないと思います)、そしてベースとドラム。

お名前失念したんですが、今回ドラムがほんとに良かったと思います。ベースと合わせて安定したリズムを作ってました。

ハーフスタンディングで満席、観客は150人くらいでしょうか(公称は着席120、オールスタンディング200だそうです)。

遠くは北海道から来た方も。ファン歴はデビュー直後から最近数か月までまんべんなく分布していたようです。YouTubeの「745チャンネル」から来た人もちらほらいました。

Sdsc02668_600x399
▲会場の「月見ル君想フ」

Sdsc02669_399x600_3
▲入口の看板

1曲目は「あなたと」。かなり古い曲です。こういうアップテンポの曲で来たのはちょっと予想外でした。

ここのところ、弾き語りか、ピアノサポートだけのことが多かったのですが、今回はバンドが入って、いつものと違う感じで攻めてきました。

2曲目が「夢グライダー」、結構珍しい選曲です。これもアップテンポで、希望にあふれた、聞いていて気持ちいい曲です。

3曲目の「がんばれっ! ニッポンの女の子っ!」も、ちょっとコミカルで明るい曲。

一気にたたみかけて来ますね。

4曲目の「オレンジ」は、本来バラード調の曲なんですが、ドラムのおかげで軽快な仕上がりになっています。このあたりで、ドラムが気になり始めました。

そのあとは、一転して静かな曲が続きます。「この恋が終わる日」「また明日」といった新しい曲も入ってきました。

確か、このへんでファンが用意した黄色いサイリウムが振られます。驚いて、歌が中断するハプニングも。喜んでもらえたようです。

「この恋が終わる日」は、題名の通り失恋ソングなんですが、ドラマチックで、この1年間の曲では一番好きです。

いったんバンドが退場して、吉村先生のピアノと宮崎奈穂子さんのボーカル。同じ生年月日の30歳コンビでした。

続いて、ゲストは、クラウソラス(Claiomh Solais)のお二人。最初に入った事務所の先輩である伊吹唯さんとKado Jun(門谷純)さんのユニットです。お二人とも、もともとはソロだったんですが、今はユニットで活動していらっしゃいます。

この2人と宮崎奈穂子さんが歌う「おやすみなさい」は、きれいにハモってて大変聞き応えのある曲に仕上がっていました。

最後の2曲「ステラ」と「優しい青」は、アレンジも新たにミュージックビデオを収録したそうです。デビュー曲でもある「優しい青」はYouTubeで公開されています。


▲新アレンジの「優しい青」

古い曲のアレンジを変えて出すことはよくあることですが、たいていは残念な仕上がりになってしまいます。多くの人が、それぞれ思い入れがあるからでしょう。でも、この「優しい青」はメロディにほとんど手を付けていないせいか、大変いい感じに仕上がっています。

「ステラ」も古い曲で、こちらは未公開。いずれ公開したいそうです。

2曲新アレンジということは、シングル発売でしょうかね。そうなればいいんですが。

アンコールは、新しい曲から「笑って!」、古い曲から「ぴっかぴか」。どちらも観客が一緒に歌う趣向が盛り込まれました。最近の月例ライブでもよく行われていますが、なかなか楽しいですね。

今回、ほんとにいいライブで、先に書いたとおり、ドラムとベースがしっかりリズムをキープしているところに、安定のピアノがメロディーをサポートし、ギターも聞かせどころが多く、バンドならではの構成でした。ライブCDが楽しみです。

そういえば、この日は結局宮崎奈穂子さんはピアノを弾きませんでした。アンコール後、「吉村先生と2日前に誕生日を迎えたギターのJOJOさんにHappy Birthdayを歌いましょう」と呼びかけて弾いてもらったんですが、ちょっと弾きにくそうでした(設定が伊吹唯さん仕様になっていた模様)。

そして「Happy Birthday」の中で「Happy Birthday Dear なほちゃん」とみんなで歌って「???」というところでケーキ登場。ご本人へのサプライズでした。

セットリスト

  1. あなたと
  2. 夢グライダー
  3. がんばれっ! ニッポンの女の子っ!
  4. オレンジ
  5. 小さな恋
  6. 沈黙の夜
  7. この恋が終わる日
  8. 生まれてくれてありがとう
  9. がんばらない日
  10. 「また 明日」
  11. 桜、風の中 (クラウソラス)
  12. おやすみなさい。(クラウソラス+宮崎奈穂子)
  13. カンバン娘とあなたが私を呼んでくれるなら
  14. ステラ
  15. 優しい青
  16. 笑って(アンコール 1)
  17. ぴっかぴか(アンコール2)

Sdsc02673_367x600
▲ファンより(奈穂子の奈が違ったらしい)

Sdsc02674_364x600
▲同じくファンより

Sdsc02675_384x600
▲さらに同じくファンより

|

« 2月14日(日)「姫乃たま生誕祭、23歳のつくりかた」(バレンタインデーウィークその6) | トップページ | 不自由な世の中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/127966/63482882

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年4月10日(日)宮崎奈穂子さんバンドワンマン ~Birthday Live~:

« 2月14日(日)「姫乃たま生誕祭、23歳のつくりかた」(バレンタインデーウィークその6) | トップページ | 不自由な世の中 »