« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年5月

2016年5月14日 (土)

宮崎奈穂子さん2015年5月ワンマンから2016年3月定期公演までのセットリスト集計結果

宮崎奈穂子さん2015年5月10日(日)のワンマンライブと、2015年6月から月替わりセットリストで始まった「月刊宮崎奈穂子」の2016年3月まで、合計11回の曲目集計結果。

  • 曲目はライブが収録されたCDに基づいています。
  • 「月刊宮崎奈穂子」には一部に週替わりの曲目がありますが、CDに収録された分のみカウントしました。
  • 2016年4月10日(日)のワンマンライブの曲目は含んでいません。
    (バンド形式のため曲目の傾向が変わっている可能性があるため)
  • 2015年5月24日(日)のワンマンライブ追加公演は含みません。
    (5月10日開催分と同じセットリストのため)

8回登場

  • 優しい青

 

7回登場

  • あのとき
  • ぴっかぴか

 

6回登場

  • オレンジ
  • 息を吸うように

5回登場

  • なりたい自分になるまで

4回登場

  • おやすみなさい。
  • がんばらない日
  • この恋が終わる日
  • 生まれてくれてありがとう

3回登場

  • 「また明日」
  • あなたはまるでマイナスイオン
  • さよならしなきゃ
  • ステラ
  • ねぇ…
  • まっすぐ行こう
  • 笑って

2回登場

  • 5分だけ泣いて帰ろう
  • あなたと
  • たんぽぽ
  • ハローミスターダーリン
  • ひげおじさんのパスタに会いに行こう
  • まあるい気持ち
  • 逆上がり
  • 私の中の私
  • 大丈夫だよ
  • 沈黙の夜
  • 未来人
  • 涙の水たまり
  • 路上から武道館へ

1回登場

  • Change
  • Hand Hug
  • Stand By You
  • あなたに恋をしてよかった
  • あなたの誕生日に「おめでとう」が言えない
  • あのときはごめんね
  • あの日の私へ
  • おやすみ
  • お母さん
  • かげぼうし
  • がんばれっ!ニッポンの女の子っ!
  • カンバン娘とあなたが私を呼んでくれるなら
  • このまま、まっすぐ。
  • ねぇ...
  • ハッピーマイレージ
  • ブルームーン
  • ふんわり ふんわり
  • ぼくはカタツムリ
  • マーブル
  • わかってるんだけど
  • 感謝ティブ
  • 好き…好き。
  • 今日から二人は~Happy Wedding~
  • 今夜の風に乗って
  • 最寄り駅から家までの距離
  • 桜の咲く頃
  • 若葉の頃
  • 手を放そう
  • 小さな恋
  • 生きる力
  • 恋のCHAPTER A to Z
  • 路地裏

考察

単独1位は、デビュー曲の「優しい青」。思い入れも強いことでしょうし、ファンの人気も高い曲です。月替わり毎週公演とは言え、初めての人もいるわけで、定番曲が1位になりました。

同数2位は、映画主題歌の「あのとき」と、ローソン所縁「ぴっかぴか」。

「あのとき」は、宮崎奈穂子さんCD最新曲(2015年1月28日発売)で、数少ない物販CDのせいでしょうか。


あのとき

「ぴっかぴか」は、ファンの投票でローソン店内放送を獲得した曲であり、宮崎奈穂子さんにとってもファンにとっても大切な曲です。アンコールで歌うことが多いように思います。

意外に少ないのが「路上から武道館へ」。少ない理由は、ファンならなんとなく分かるはず。

 

追記

試しに、ワンマンライブの曲も集計してみました。

  1. あなたと(2)
  2. 夢グライダー(0)
  3. がんばれっ!ニッポンの女の子っ!(1)
  4. オレンジ(6)
  5. 小さな恋(1)
  6. 沈黙の夜(2)
  7. この恋が終わる日(4)
  8. 生まれてくれてありがとう(4)
  9. がんばらない日(4)
  10. 「また明日」(3)
  11. 桜、風の中 (クラウソラス)ゲスト
  12. おやすみなさい。(4)
  13. カンバン娘とあなたが私を呼んでくれるなら(1)
  14. ステラ(3)
  15. 優しい青(8)
  16. 笑って(3)
  17. ぴっかぴか(7)

ゲストの曲を除けば、初披露は「夢グライダー」だけでしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 8日 (日)

「昭和のスターとアイドル展」と「ポラリス」

日本橋三越で5月9日(月)まで開催中の「昭和のスターとアイドル展」に行ってきました。

エレベーターでは、エレベータガール(これって、死語または差別語?)のOJTが行われていました。

Twitterで知って、急に行ったんですが、三越または伊勢丹カード提示で無料でした。太っ腹ですね。

戦後、洋楽に日本語歌詞を付けたカバーからスタートし、グループサウンズ、フォークソング、アイドルと流れる昭和歌謡を振り返る展示でした。

歌謡史的には、フォークソングは3つの世代に分かれるんじゃないかと思います。

最初が、グループサウンズの特に意味のない歌詞を批判して、社会問題を扱った「プロテストソング」としてのフォークソング。

次に登場したのが「もっと地に足の着いたことを語ろう」という四畳半フォーク(この言葉はあまりいい意味では使われないんですが)。

そして、自己主張ばかり強くて音楽的に単純な(ものもある)四畳半フォークから、洗練された楽曲の「ニューミュージック」に続くのですが、その辺は区別してませんでした。

もっとも、このあたりは展示もそれほど力が入っていないようでした。

面白かったのはこのあと。たとえば、入ってすぐのところには、テレビドラマ「時間ですよ」の銭湯入口が再現されていました。当時の番組では、必ず女湯のシーンが入ってました。今では考えられません(エキストラはヌードモデルみたいです)。

「時間ですよ」のエンディングでは、浅田美代子が物干しで歌っていたのは覚えていますが、その前は天地真理が出ていたそうです。

20160508_1_34_55_s
▲唯一写真撮影が許可されていました

キャンディーズやピンクレディももちろん大きく扱われていました。特にキャンディーズは「ファイナルカーニバル」のビデオが流れてました。

でも、特に面白かったのは、オーディション番組「スター誕生」から「ザ・ベストテン」あたりの年代です。ちょうど私が小学生から大学生の頃ですね。

「スター誕生」コーナーには、歴代優勝者のデビューシングルのジャケットが展示されてました。森昌子「せんせい」、桜田淳子「天使も夢見る」、山口百恵「としごろ」はもちろん、清水由貴子「お元気ですか」があったのは嬉しい気分になりました。ただし、高校の後輩の吹田明日香の写真はありませんでした。

清水由貴子、そういえば亡くなったのは春だと思って調べたら2009年4月20日でした。歌手活動を再開するという話もあったらしいので、大変残念です。

2s
▲「歌を重ねて」の頃の清水由貴子(ラジオたんぱ(当時)東京本社スタジオ)

その代わり、でもないんですが、香坂みゆき(「スター誕生」組ではありません)の「愛の芽生え」ジャケットがありました。このリリースイベントを見に、京都高島屋の屋上まで見に行ったことを覚えています。

あと、デビュー当時のアグネスチャンもありました。今では想像できないかもしれないけど、本当にかわいかったんですよ。

新しいところでは、小林幸子が「ニコニコ動画」に進出したことなんかも触れていました。売り方としては地下アイドルに近いですね。もちろん、実力は圧倒的な差がありますけど。最初「ニコニコ動画」に上げたとき、「(素人の活動の場で本気を出して)大人げない」と言われたくらいです。

ちょっと浮いてたのが、入口付近と出口付近にあった蓄音機の展示。時代が全然違います。エジソンの円筒型レコードを見られたのは良かったんですが。

会場を出たところでは、マルベル堂のプロマイド売ってました。私、写真の印画紙に臭化銀を使っているから「ブロマイド(臭化物)」だと思ってたんですが、ブロマイドは印画紙の呼称、商品名がプロマイドだそうです。ややこしい。

全体に面白かったんですが、世代が違うので、美空ひばりのアイドル性はよく分からないし(晩年は知ってるのでスター性は分かる)、水の江瀧子や弘田三枝子なんかも分からないですね。

大衆芸能は、時代とともにあるので、それは仕方ないことでしょう。

ピアニストで作曲家のフランツ・リストは、アイドル的な人気があり、コンサートグッズまで売っていたそうですが、現在まで伝わっているのは難しい曲と演奏の素晴らしさであって、ファンの数とかコンサート会場の広さなんかはあまり知られていません(調べれば分かるのでしょうか)。

アイドルユニット「まなみのりさ」の曲「ポラリス」にはこんなフレーズがあります。

君と同じこの時代に、生まれたこと感謝してる

本当にそうだと思います。

それでも、こういう展示で、当時の状況に少しでも触れることができたのはよかったと思います。

ところで、まなみのりさの「ポラリス」は芸能界で生きるアイドルを歌った曲ですが、歌い出しはこうです。

与えるふりして、奪っていくよ、この世界は

恐ろしい世界ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火)

5月1日(日)ドル魂

5月1日(日)夜は「ドル魂~キナ~」を見てきました。

Dsc03477m

池袋mismatch、久しぶりに行ったらロビーができてました。ステージの様子が分かるので、推しが出るまでここで待機している人も。

出演者とかセットリストは主催者のブログ「ドル魂ありがとうございました★セットリスト公開!」をどうぞ(手抜き)。

アイドル衣装の制作を請け負うMOBACO.さん、今日は自作衣装で出演(自作自演)。

この日の演者では、マジカルハニーさんの衣装を担当したそうです。

この日の衣装は、後ろに着物の帯みたいな感じで大きなリボンがあるんですが、うまく撮れませんでした。

Dsc03486m

Dsc03507m

Dsc03508m

Dsc03523m

Dsc03532m

Dsc03555m

Dsc03570m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年7月 »