カテゴリー「芸能・アイドル」の171件の記事

2024年2月14日 (水)

2月3日(土)七瀬美優(NoelliL)生誕祭

この1年、NoelliL(ノエリル)のライブによく通ったせいか、2人ほどから「生誕委員会」に誘われたので参加してみました。といっても、ほぼ何もしてませんが。

アイドル界隈では、ファンが中心となって、推しの誕生日イベントを企画する習慣があります。もちろん事務所に協力してもらいます。この企画委員会が「生誕委員会」です。

私が参加した頃は、大枠の企画は決まっていました。基本的にはファンのカンパでまかないます。

  • スタンドフラワー
  • 花束
  • タペストリ(垂れ幕)
  • アルバム(1年間を振り返る写真や、つながりの深いアイドル仲間とファンからのメッセージカードなど)
  • ライブで使うサイリウム(同じ色をみんなで振る)

こんな感じだったでしょうか。

▼スタンドフラワー(ベンチ付き)

Img_0605_s

思ったより立派でした。

Img_0604_s

▼タペストリ(会場内に設置)、写真を提供させていただきました(だいぶレタッチしてもらいました)

Img_0603_s

当日衣装は、主役の七瀬美優が白いドレス(新作)から2021年の生誕衣装にお色直し、他メンバーは生誕ライブ用Tシャツに私服。

2021年の生誕祭(生誕ライブ)衣装は、カンパのお礼として事務所に提供してもらった写真を持ってました。
▼カンパ募集要項はこんな感じ。

2021birthday

白のドレスは本人のTweetからどうぞ(公式引用)

七瀬美優さん、4月28日でアイドル卒業を宣言されているので、これが最後の生誕ライブになってしまいました。ウエディングドレスみたいな衣装もあって、娘を嫁に出す気分です(娘いませんが、あと「嫁に出す」という言葉はコンプライアンス的に問題がありますが)。

続きを読む "2月3日(土)七瀬美優(NoelliL)生誕祭"

| | コメント (0)

2024年1月25日 (木)

1月21日(日)みーゆ8周年 & さえぴょん8周年まであと2ヶ月記念パーリー(NoelliL)

1月21日(日)「1月21日(日)みーゆ8周年 & さえぴょん8周年まであと2ヶ月記念パーリー」と銘打ったNoelliL(ノエリル)単独ライブ、オープニングアクトは同じ事務所の「きゅるきゅま」でした。

ライブ前の木曜日、公式から突然の告知。

ライブ当日だと「皆の顔を見ると言い出せなくなりそうで」ということで先行告知。実際の話、古くからのファンはそろそろ覚悟していたところもあるのですが、思ったよりも少し早いし、予測していても直面したときのショックは別なので動揺はありました。

ライブは、2016年デビュー会場と同じ「unravel tokyo」(六本木)、当時の「morph tokyo」でした。

Unravels
▲写真を撮り忘れたので別の日のもの

1月5日に日に見て、今回は5人体制になって見るのは2回目。最初の印象通り、しっかりしている印象でした。

途中、雪梨冴愛の「みんな、空元気?」という言葉に客席が苦笑。「卒業ということはいったん忘れて楽しみましょう、という意味」とフォローしていたんですが、それで思い出したわ(笑)

▲公式の動画埋め込み機能を使ってみました。

最後、卒業する2人からメッセージがありました。これも公式埋め込み機能を使っておきます。

1月5日に新穂すみれ卒業の同じ月に2人も卒業発表し、初期メンバー全員がいなくなりますね。

「NoelliL(ノエリル)」の前身「未完成リップスパークル」は、2015年12月15日にTwitterで告知され、同29日に当時の同じ事務所「まなみのりさ」のライブでお披露目、ただしこの時はライブパフォーマンスなし。ライブデビューは翌2016年1月22日で、これがデビューということになってるみたいです。

初期メンバーは、七瀬美優、新穂純麗(現「新穂すみれ」)、春名さくらの3名、その後3月に雪梨冴愛(ゆきなしさえ)が参加して(標題の「2ヶ月」はこれが理由)4人体制になったあと、2017年5月に春名さくらが脱退し3人体制に。そのまま2022年12月15日のワンマンまでの5年間は同じメンバーでした。結構長いですね。

私は12月のお披露目の場にいたものの、特に興味もなかったのですが、まなみのりさの「りさ(松前吏紗)」さんソロライブでバックダンサー「ミリスポアメイツ」として参加していたのを見たのが最初のライブでした。その後も気が向いたら行くような状態が続きました。

チェキの枚数で振り返ってみましょう。

2016年2枚
松前吏紗&ミリスパメイツと、日付不明の「あの日着てたパーカー」のグループショット(『加速ファンタジー』のフレーズで、衣装ができる前に来ていたもの)

2017年5枚
1月のファーストワンマン(morph tokyo)は日程の都合で行けませんでしたが、11月のセカンドワンマン(moroph tokyo)は行きました。

1st

これはファーストワンマンに向けての定期ライブスタンプラリー。スタンプが1つしか押されていないところに、熱量の低さを感じます(そこまでしなくていいのかもしれないけど、卒業した人の顔を隠してます)。

ちょっと変わったところでは「新穂純麗撮影会」なんか行ってます。その話はこちら
1月2日Gスタ撮影会(『新春!!あけおめセッション』昼の部) + 2017年のおまけ

2018年2枚
3月の3rdワンマン(代官山UNIT)は行きました。新曲「黄昏アウフタクト」に合わせた衣装が印象に残ってます。
あと、平日のかなり早い時間にReNY(会社のすぐ隣)に行きました。
この頃までは全員で1枚撮ってサインはそれぞれに書いてもらうグループショットがあったので、枚数は少ないです。

3rd1 3rd2

3rdワンマンの定期ライブスタンプラリー、2つ押されているということで熱量が倍増です。

2019年14枚
1月に4thワンマン(渋谷WWWX)、初めてツーショットを撮りました。
11月は5thワンマン(代官山UNIT)、この年はワンマンが2回あったんですね。
それでチェキの枚数も多いのかも。

いつだったか、同僚が地下アイドルについて聞いてきたところ、たまたま新宿でライブがあったので(戦国アニマル極楽浄土と対バン)、「今日、行きますか?」と誘ったら来てくれました(調べたら8月7日らしいです)。その後、唯一市販されたCD「MLS BEST」も買ってもらったみたいです。

渋谷のMAGNETでは衣装展示もありましたね。

未完成リップスパークル 5thワンマンライブ 〜星 GOT IT 道中膝栗毛!!〜」開催記念ヴィレッジヴァンガードコラボグッズ発売 & インストアイベント決定!@MAGNETbySHIBUYA109

S

2020年0枚
コロナ禍でイベントがなかったし自粛もしてました。

2021年9枚
春頃から徐々に自粛を解禁。生誕ライブのカンパをした記録が3人分ありました。
6thワンマン(クラブチッタ川崎)、ストーリー仕立ての演出で楽しかったです。撮影可能券が初めて出たのではないでしょうか。

その時撮った写真です。
未完成リップスパークル「倒せ! らぶりーモンスター~星のかけらを集めて~」 2021/12/15

2022年4枚
そのまま2019年のペースには戻らなかった。なんとワンマンしか行ってない。これは不思議です。
変わったところでは、新穂純麗主演映画『咲かない蕾』を見に行ってます。
年末の7thワンマン(白金高輪セレネb2)で「未完成リップスパークル」から「NoelliL(ノエリル)」に改名、「双葉ことは」加入、長い間3人体制だったので、どうなるかと思ったのですが、すっかり馴染んだ様子です。
今では七瀬美優のお世話を立派に務めており、「葬送のフリーレン」に出てくるフェルンとフリーレンのようです。

久々に大きなステージで見たせいか、2022年末のワンマンが良かったので、以前よりも積極的に行くようになりました。
履歴を見ると、ワンマンのあと七瀬美優生誕祭(2月5日開催)のチケットを買ってます。

こうして見ると、ファースト以外のワンマンはすべて行ってますね。ただ、他に2021年と2022年に「プチワンマン」があって、「プチだからいいか」と思って行かなかったのが悔やまれます。

2023年数えたくない
1月には無料ライブがあったので「無料だし行ってみるか」と思ったら、これが良くて翌日のワンコインライブも参加、ここから結構通うようになりました。

2月の七瀬美優生誕に行ったら、なぜか名前と顔を覚えてくれている人がいて、年に数回しか行ってないのに不思議でした。

3月にはNoelliLファーストワンマンがクラブチッタ川崎で開催、この日は仕事があったのですが直前でキャンセルになり、無事行くことができました。撮影可能チケットで入場してます。

1st ワンマンライブ 〜はじめまして、ノエリルです〜2023年3月15日(水)
1st ワンマンライブ 〜はじめまして、ノエリルです〜2023年3月15日(水)追加分

この日は、初めてライブ前の「お茶会」という名前の飲み会に参加。今までちょっと遠慮してたんですが、割とひんぱんに行くようになったので、大丈夫だろうと(初めての参加で飲み会に行っても、別に問題ないのですけど)。

ところが、せっかく通うようになったのに路線変更もあって、既存曲が激減し少々不満も残る感じでした。1年かけてだいぶ復活したのですが、初期の頃から好きな「コーラフロートキス」はいまだに披露されてません。もう永久にないでしょう。推し曲は聞けるうちに聞いとけって話です。

だらだら振り返ってみました。オチも教訓もありません。
2023年と2024年分はまた今度、同じようにだらだら書くかもしれません。

【補足】

ライブ写真へのリンクは、Microsoft Azureの勉強とデモをかねて作ったものです。
詳細はヨコヤマ企画: 【Azure】ストレージBlobで静的Webサイトを作成する(SSL独自ドメインの場合)

| | コメント (0)

2024年1月24日 (水)

1月5日(金)NoelliLセカンドワンマン・新穂すみれ卒業公演

正月休み明けの1月5日(金)、「未完成リップスパークル」から「NoelliL(ノエリル)」となって2回目のワンマンライブでした。

場所はファーストワンマンと同じ「白金高輪セレネb2」、音量はわりと大きいのに、音圧を感じない音響ででした。何が違うのでしょ。

初期メンバーの新穂すみれさんが卒業ということで、後半は特別な衣装に着替えての登場。制作者からのコメントです。

リボンがでかい(笑)

曲間を短く詰めていて、テンポよく進んでいたこともあって、卒業という寂しさをあまり感じないライブでした。それでも「加速ファンタジー」から「Starlight Story」では一瞬うるっときて、危なかったです。歌詞が心に響きます。そのうち、YouTubeで全編後悔されるかもしれないですね。後悔されたら告知します。

最後は新穂すみれのあおりでおなじみ「私信津々恋愛CHU」、このあおりも最後かと思うとしんみりする、という暇もなく終了でした。

物理学者のファインマンさんは、若くに奥さんを亡くしたのですが、実感がわいたのはだいぶ後、ショーウィンドウで洋服を見て「妻に似合いそう」と思った直後、「あ、もういないんだ」と気付いた時だそうです。

本当に寂しく感じるのは、もっとあとかもしれません。

なお、新穂すみれさんはこのあとも芸能活動を続けるそうで、完全なお別れではないということです。

翌日は会議室を借りての「延長物販」というチェキ会。ワンマン当日は時間制限で撮りきれなかった人、もうちょっと一緒にいたい人たちが集まってました。こういうのもいいですね。

 

続きを読む "1月5日(金)NoelliLセカンドワンマン・新穂すみれ卒業公演"

| | コメント (0)

2024年1月22日 (月)

1月10日は「1と10でいとうの日~絶滅サーカスとハッピーピエロ」いとうあいかワンマン

毎年恒例1月10日は「1と10でいとうの日」、アイドル「アミューズLaLaハッピーランド」(いとうあいか)が好きなことをする日。

2022年はオリジナル曲全リストからランダムに披露する『110 JUKEBOX!』、2023年はストーリー仕立てのバンド編成で『マジカルマイクといとバンド』。この時のバンド編成は、いとうあいかの曲を作っている人で作った「逃亡エモーショナル」も出ていて、ごひいき筋としては特に満足度の高いライブでした。

去年に続き、今年もストーリー仕立てのライブで、タイトルが『絶滅サーカスとハッピーピエロ』。未練があって思念だけが残った(要するに幽霊)サーカスのお話でした。

内容はご本人のブログをどうぞ(手抜き)。

2024年 #1と10でいとうの日 ありがとだよぉ!レポレポ日記! | いとう観察日記 (ameblo.jp)

グループアイドルにはグループでまとまった良さがあるんですが、ソロのめちゃくちゃさもいいですね。まあ、彼女が特別めちゃくちゃなのかも知りませんが。

最初は赤いワンピース、デート服みたいですね。

Dsc08470nr Dsc08512nr Dsc08607nr

コーラを持っているのは『恋してコーラ』を歌っているから。

Dsc08513nr Dsc08592nr

そのあと、衣装を変えて、人魚風ドレス。会場となった秋葉原Club Goodmanの下手にあるサブステージへ

Dsc08676nr Dsc08656nr

そのあと、恐竜のマペット(だったかな?)での振り付け講座ビデオ。動きが制限されていて、どんな振付かさっぱり分からん。

Dsc08709nrDsc08717nr

空気でふくらませるっぽい恐竜。のぞき窓があるんですが、こちらからはいとうあいかさんの顔はなく、頭の先がかすかに見えてました。つまり向こうからも見えていないわけで、よく事故が起きなかったものです。

脱皮からの新衣装。

Dsc08773nrDsc08777nrDsc08794nrDsc08861nrDsc08950nrDsc08994nrDsc08797nrDsc08974nr

 

| | コメント (0)

2023年12月30日 (土)

12/23(土) TNT Band(TECH x ROCK Festival 2023)

同僚たちがバンドを組みました。
書きかけてから、会社のブログの方がいいかなと思ったのですが、写真も上げたのでこのままにします。

さて、ITエンジニアで音楽をたしなむ人は、他の業界よりも多いような気がします。
同僚曰く「ITと音楽、どちらもコードが大事です」だそうです。

Gnuプロジェクトで有名なRichard M.Stallmanは、確かリコーダーの名手でしたし、Gut Steel Jr.はピアノを弾いたはず(これは記憶があいまい)。Windows Vistaプロジェクトを率いたマイクロソフトのジム・オールチンは、Vistaリリース前に毎週マイクロソフト社内でバンド演奏をしていました(私も一度見ました)。ジム・オールチンは上級管理職でしたが、実はエンジニアでコンピュータサイエンスの博士号を持っています。ちなみに、ジム・オールチンはマイクロソフト退職後、ミュージシャンとしてプロデビューしたそうです。

MS元幹部ジム・オールチンの華麗なる転身 - IT業界からミュージシャンへ | マイナビニュース (mynavi.jp)

「技術勉強会は手軽に集まれるのに、楽器演奏の仲間はなかなか見つからない」「いやいや、技術勉強会のノリでやればいいでしょ」ということで開催が決まったそうです。

勉強会の延長らしく、参加者はConnpassで募集してました(実際に予約ではなく参考程度の情報だったようですが)。

TECH x ROCK Festival 2023 - connpass

勤務先のトレノケートからも「TNT Band」として4名が参加しています。テーマは「パンクde懐メロ」、メンバー紹介はこんな感じでした。

パンクde懐メロ

  • Kanai (Vo & Gt)
  • Yamashita (Vo & Ba)
  • Maehara (Dr & Cho)
  • Saijo (Gt & Cho)

では同僚の勇姿をどうぞ。

Dsc07957nr Dsc07969nr Dsc07972nr Dsc08023nrDsc08083nr Dsc08087nr

「モノクロにすると格好良くなる」と思って安易に試したやつ。そういうもんじゃないですね。

Dsc07947nr

コールアンドレスポンスで、客席の手を入れると臨場感が増すやつ。撮影者はもっと考えて構造を取れよ、という感じでした。

Dsc08041nr

ジャンプは、うまく瞬間をとらえればいい感じになりますが、これはどうですかね。
ちなみに、ジャンプしている人は、足を曲がると高く飛んでいるように見えます。
アイドルがジャンプするときに足を曲げる人が多いのはこれが理由(ももクロちゃんみたいに、逆方向に曲げる人もいますが、これは珍しい)。

まあ、ロックバンドがそんなことしなくてもいいわけですが。

Dsc08091nr Dsc08093nr

| | コメント (0)

12/29(金)NoelliL(WITH HARAJUKU)

2023年12月29日(金)「アイドルアラモードプチVol.66」(WITH HARAJUKU)に、NoelliL(ノエリル)を見に行ってきました。残念なのがメンバーの双葉ことはさんが体調不良でお休み。3人体制でのパフォーマンスでした。

「アイドルアラモードプチ」は、横浜ランドマークホールが多くて、たまにWITH HARAJUKUという感じみたいですが、会場が広いせいか写真撮影可のことが多いみたいです(NoelliLは、ふだんは撮影禁止です)。

ステージ下手側で撮ってたんですが、ちょうど前方に人がおらず(これが良いことかどうかは分かりませんが)、割とうまくグループを納めることができました。正面ではないので、どうしても人の重なりが起きやすいのですが、会場には段差がなく、正面はちょっと難しい感じです。

ポジションが良かったにもかかわらず、今回、これといった写真は撮れませんでした。ふだん4人が3人になったせいではないと思います。振り付けに合わせて構図を決めるのに、歌割りが変わったのでできなかった、というのはウソで(前半は本当)、1人抜けてもそこまで大きく振り付けが変わるわけではないので、単純に撮り方の問題でしょう。難しいですね。

写真技術的な話

WITH HARAJUKUは、LED照明のフリッカーに初めて遭遇した会場で、シャッター速度を上げてみました。
ですが、1/250秒でも明るさによってはフリッカーが出ますね。
動きの少ないステージなら1/30秒くらいでも十分なんですが(手ぶれ補正があれば)、ダンスシーンだと1/125秒でもちょっと厳しいです。

ノイズ除去の副作用か、目立ちにくくなってますが、こんな感じで出ます。

Dsc08115nr

左下をアップにします。

Dsc08115nr16002

ほとんどのデジタルカメラは「ローリングシャッター」と呼ばれる方式で、場合、撮像素子が受けた光を、1行ずつ上から下(または横方向)にスキャンします。そのため、高速で点滅する場合は明るいところと暗いところの縞模様ができます。これが「フリッカー」です。

すべての光を一度に処理する方法が「グローバルシャッター」ですが、ほとんどありません。民生品のフルサイズミラーレスカメラでは初めて採用と言われているソニーα9 IIIは80万円もしますから、難しいことは推測できるでしょう。

フリッカーを防ぐ一番簡単な方法は、シャッター速度を遅くして、1回の何回も点滅を含むようにすると、明るさが平均化されて見えなくなりますが、そうすると動いている人がぶれてしまいます。

お待たせしました、では写真をどうぞ

NoelliL

Dsc08188nr Dsc08181nr Dsc08325nr

 

 

七瀬美優

Dsc08290nr Dsc08302nr Dsc08111nr Dsc08123nr

 

 

 

新穂すみれ

Dsc08169nr Dsc08294nr  Dsc08285nr

 

 

雪梨冴愛

Dsc08226nr Dsc08124nr Dsc08141nr

 

 

 

| | コメント (0)

2023年12月17日 (日)

12/3(日)雪梨冴愛生誕ライブ(NoelliL)

12月3日(日)のお昼、恵比寿CreAto(クレアート)でNoelliL(ノエリル)の雪梨冴愛(ゆきなしさえ)生誕ライブがありました。

入口には、メンバーカラーの水色で構成した立派なスタンドフラワー

Img_0569 Img_0571

会場内後方には横断幕がなぜかフランス語。横断幕はファン有志の作成ですが、NoelliLというユニット自体が、よくフランス語を使ってきます。

フランス語は全く分からないのですが、「誕生日おめでとう、冴愛」「素敵な1年でありますように」みたいな感じでしょうか。2行目、検索するとよく似た単語で「信念のあいさつ」がたくさんヒットしました。日本語でも「この1年が良い年でありますように」は年賀状でも誕生日祝いでも使いますしね。

Img_0573

生誕ライブはいつも誕生日当人のソロ曲が入るのですが、今回はいきなりのソロスタート。「びっくりさせたかった」ということです。びっくりしました。

衣装はドレス、特別感出てますね。このあと埋め込みTweetで載せておきます。

セットリストは公式Twitterをどうぞ(手抜き)。ここに入っている曲「Starlight Story」は、NelliL4人体制になって初披露、好きな曲なので嬉しいですね。

 

| | コメント (0)

12/16 スパドキフェスティバルVol.88(横浜ランドマークホール) & タムロン28-200mm F2.8-5.6

12月16日、しばらくぶりに行ったNoelliL(ノエリル)撮影可能ライブ

2022年12月15日に「未完成リップスパークル」から「NoelliL(ノエリル)」になって、ちょうど1年経ちました。

写真はブログシステムが持っている標準機能を使ってるんですが、横幅を統一するようで、横位置の写真はかなり小さくなります。HTML書けばいいんですけど、面倒なのでそのままです。クリックすると大きくなるので、それで見てください。

双葉ことは

新メンバーの双葉ことはさん、最初の頃は表情も硬くぎこちない感じでしたが、表情も良くなりましたね。新曲披露のときは相変わらずの緊張感ですが。

Dsc07715 Dsc07686 Dsc07753

 

七瀬美優

リーダー七瀬美優さんは安定のパフォーマンス。ウインクには定評があります。

Dsc07722 Dsc07677 Dsc07828 Dsc07712 Dsc07725 Dsc07780 

来年1月5日で卒業の新穂すみれさん、自分の見せ方がうまい。つい枚数が増えてしまいます。

Dsc07676 Dsc07663 Dsc07857 Dsc07859 Dsc07691 Dsc07818 Dsc07720 Dsc07673 Dsc07821 Dsc07732

 

雪梨冴愛

雪梨冴愛さん、お嬢さんからお姉さんまで、コーディネートによって振れ幅が大きい。ステージはわりと幼めですが、今日はちょっとお姉さんっぽいショットもあった。

Dsc07758 Dsc07833 Dsc07812 Dsc07660 Dsc07728 Dsc07755

 

NoelliL(ノエリル)

この4人で歌うのは1月5日のワンマンが最後なので、4人の姿も収めたいと思うのですが、なかなか難しい。

Dsc07854 Dsc07700 Dsc07794 Dsc07840 Dsc07853

 

レンズについて

APS-Cセンサーのカメラで、18-135mm(F3.5-5.6)を使ってたんですが、後方から撮るとちょっと望遠が足りなくて、広角が余分でした。

もう少し望遠寄りのレンズがないかなあと思ってて、見つけたのがタムロン 35-150mm F2-2.8。ズームレンズでこのスペックはとんでもないのですが、1kg超はさすがに重いし、値段もかなり張ります。しかも最大150mmなので、今の135mmと1割くらいしか変わりません。

同じタムロンの28-200mm F2.8-5.6(フルサイズ用)を入手しました。若干の周辺減光が指摘されてますが、ステージ写真で画面の端まで解像する必要もないと思うし、そもそも中央部しか使わないAPS-Cなら問題ないです。

使ってみると、評判通りの使いやすさと解像度ですが、手ぶれ補正はちょっと問題ありました。そもそも、このレンズは手ぶれ補正が付いていないので、完全にカメラ本体の責任です。

最近のステージライトはLEDを数百Hzから数kHzでスイッチングするので、シャッター速度を上げるとフリッカー(縞模様)が出ます。前に書いたと思うのですが、だいたい1/350~1/250秒が限界みたいです。今回は1/200秒固定で撮りました。

シャッター速度優先は、自動調整可能な明るさの範囲が狭いので案外使いにくかったのですが、ISO感度を自動に設定するとだいたいうまく撮れます。

それで、200mmで1/200秒というのは、手ぶれ補正がなくても(一般的には)問題ないはずなので、これで手ぶれするというのは撮影者の問題です。APS-Cなので、換算300mmとしても、しっかり構えれば問題ないはず。実際、フィルム時代は50mmレンズで1/15秒とか1/8秒で撮ってたので、もうちょっと練習しないと。

 

 

 

| | コメント (0)

2023年11月 4日 (土)

11/4(土)双葉ことは生誕ライブ(NoelliL)

11月4日(土)のお昼、恵比寿CreAto(クレアート)でNoelliL(ノエリル)の双葉ことは生誕ライブ「双葉ことははまだ成長期」がありました。

入口で配られたのが、ポケモンに出てくる「カビゴン」のうちわ(手作り)。ことはさんが好きなんだそうです(たぶん)。これは好きなように使ってくださいということでした。

あとは緑のサイリウム、双葉ことは担当色ですね。サイリウムはソロ曲で振れという指示がありました。

こういう演出は、ファン有志の「生誕委員会」が運営スタッフと相談して決めるらしいです。

入場すると、緑のスタンドフラワー。最近は風船を使ったものが多いようです。ボリュームが出て、派手に見えるからでしょう。

ちなみに、花は葉が変異したものですが、鮮やかな色彩を出すために葉緑素を失うようになっています。まれに変異体ができて「緑の花」が生まれるそうで、これを選別して品種として固定されたものがあるみたいです。スタンドフラワーにも、そうした緑の入った花がアレンジされていました。

Kotoha1 Kotoha2

しかし、このうちわ、いろんな顔があって、そろうと面白いですね。

会場内にはのぼりも出てましたが、写真撮り損ねました。

衣装は、主役のことはさんが特別なドレス、他の3人はステージ衣装に生誕Tシャツでした。公式引用でどうぞ

最後のあいさつで「(みんな)大好きって言え」と言われたのに「言えません」と断ったあとのTweetがこちら(公式引用)

 

ことはさん、12月からの参加なので、ほぼ1年。だいぶ表情が柔らかくなってきましたが、しゃべるのはまだ苦手みたいです。が、なんかやりとりが妙におかしい。この味を残したまま成長して欲しいものです。

セットリストは以下のとおり。

  • らぶモン
  • ニンジン
  • ドーナツガール(新曲)
  • ガチ恋♡Melody
  • CONTINUE
  • いたずらさまーキュンラプソディ
  • 生誕ソロ曲: せっかちなかたつむり(乃木坂46)
  • 誕カバー曲: 星色トラベラー(iLife!)
  • 加速FANTASY
  • 私信津々恋愛CHU
  • プリンセスは、あたしだけっ!

「CONTINUE」と「加速FANTASY」は、自分の中で1、2位を争う曲なんですが、対バンで両方やることはまずない組み合わせです。もう、この選曲をしただけで双葉ことはをほめて上げたい。

ソロ曲で、後ろに映された歌詞を振り返ってチラチラ見るのは、経験が浅いからこその微笑ましい風景でした(「双葉ことははまだ成長期」のタイトル通り)。

ところで、去年の誕生日は、先輩のお姉さんたちに遊ばれてました。めちゃくちゃ恐い(面白い)ので、TikTokの公式埋め込みでどうぞ。


@noellil_idol 今日はことちゃんのお誕生日🎂#誕生日サプライズ#ドッキリ#アイドル ♬ オリジナル楽曲 - 未完成リップスパークル(ミリスパ) - NoelliL-ノエリル-

| | コメント (0)

2023年10月31日 (火)

10月28日NoelliL定期公演と新曲「ドーナツガール」のこと

10月28日(土)昼に開催されたNoelliL(ノエリル)定期公演、この日にリアル誕生日を迎えた新穂すみれプロデュース公演

誕生日の新穂すみれが天使衣装、他の3人が悪魔衣装ということですが、何だか妙にかわいい。登場したときに声が出てました。スカートの下には、いつも衣装を担当するMOBACO.さん作のパニエがあって、この広がりがちょうど良いのではという意見もありました。

最初は、前日27日に披露された復活曲「らぶモン」、メンバーが最前列の人とハートを作るパフォーマンスも含めて復活。

続けて「愛你プードル〜絶対君しかっ〜」のあと、MCをはさんで「ヒロイン見習い中」

MCのあとはメンバーを入れ換えながらのカバーを3曲

  • すきっちゅーの!(新穂すみれ・双葉ことは)
  • きみわずらい(新穂すみれ・雪梨冴愛)
  • crazyforyou (新穂すみれ・七瀬美優)
  • 初恋サイダー(全員)

どれも有名な曲らしいけど、「初恋サイダー」しかわからん。

MCをはさんで、新曲「ドーナッツガール」

最後のMCのあとは「みんなが『ああ』ってなるやつ」と、新穂すみれが言ったら「あぁっ!夏!はんぶんこさまーっ」という声が。当たってしまって動揺するのがかわいい(笑)

最後に「プリンセスはあたしだけっ!」で終了です。

新曲は、とんでもなくかわいい感じに仕上がっているので、ぜひ見てください。メンバーからは「ちょっと可愛すぎるのではないか」という意見も出ているのですが、むしろ経験を積んだプロの可愛さを出してもらった方が良いのではないでしょうか。

なぜかTwitterにしか流れないので、公式引用でどうぞ。ライブ映像は、フロー型のTwitterではなく、ストック型のYouTubeの方がいいと思うのですが、いろいろ考えもあるのでしょう。

新曲「ドーナッツガール」のイントロで、メンバーが回るシーンはPerfumeの振り付けに影響を受けたとか。そういえば、先輩グループの「まなみのりさ」も似たような振り付けをしてました。

衣装の様子がよく分からないかもしれないので、Tik Tokもどうぞ


@noellil_sumire 本日誕生日♡♡♡ #おすすめ #ノエリル #アイドル #デビルじゃないもん ♬ デビルじゃないもんbyヒメヒナ - ヒメヒナ❤💙HIMEHINA

公式埋め込み機能を使っています

| | コメント (0)

より以前の記事一覧