2023年8月19日 (土)

写真(プリント)の仕上げ: 撮った写真は、たまには印刷してみよう

カメラ付き携帯電話の普及で、写真を撮る人は増えたのですが、プリントする人はむしろ減っているようです。私もプリントはほとんどしません。

でも、最近の家庭用プリンターは、十分きれいな写真印刷ができるので、まったく印刷しないのももったいないと思います。画面で手軽に見るのも良いですが、もし自宅にプリンターがあれば、たまには印刷してみてはどうでしょう。

家庭での写真印刷にはインクジェット式のカラープリンターが必要です。現在、家庭用のモノクロプリンターは売っていないようなので、どんな機種でも問題ないでしょう。たとえモノクロであっても中間調を出すためにはカラープリンターが必要です(グレースケール専用プリンターがあれば別ですが)。

プリント用紙は「光沢紙」で大丈夫です。写真画質専用の用紙もありますが、値段の割にはそこまで変わりません。私は「キヤノン光沢ゴールド」を使ってます。以前はもう1ランク上の用紙を使っていたのですが、廃番になったようです。先に書いたとおり、そもそも画質はほとんど変わりません。

プリンターの設定は「写真」を選んで、用紙を「写真用紙」みたいなものに設定すればOKです。カラーマッチングなんかも、最近はあまり考えなくても大丈夫そうです。このあたり、(macOSと違って)Windowsはあまり信用できなかったのですが、最近はだいぶマシになっています。

印刷したら、額装したいところですが、さすがに大げさです。机に飾るなら、ボール紙のフレームがおすすめです。たとえばこんなやつ

ヨドバシ.com - Chikuma チクマ Uclid MAT(ユークリッドマット) 6切 ブラック 通販【全品無料配達】 (yodobashi.com)

もうひとつ、私がおすすめするのが「バックシート」です。やってみましょう。今回は、先のブログに書いた「七瀬美優(NoelliL)浴衣撮影会」で撮影した写真を使います。

バックシートは、弱い糊のついたプラスチック板で、写真の裏に貼って使います(だからバックシート)。「弱い」といっても、いったん貼り付けたらはがすことはできません。押しつけることで貼り付くみたいです。

各種サイズが用意されていますが、あまり小さなものはないので、必要に応じてカットして使ってください。カッターナイフで簡単に切れます。今回は、2L版(127mm×178mm)を使ったので、ワイド四つ切り(366mm×254mm)1枚から4枚分取りました(少し余ります)。

Img_0440

裏紙をはがして、端をあわせます。液晶保護シートを貼り付ける要領ですが、裏紙は徐々にはがしていきます。

Img_0443_20230819161901Img_0446

ゴムローラーがあると、傷つけずにきれいに貼り付けられて便利です。画材屋さんの他、写真用具コーナーでも売っています。

ここで、ゴミが混入するとどうしようもないので注意してください。プラ板はそれなりに硬く、カッターで切り取ってゴミだけ取り除くのは無理ですし、写真面を傷つけることもできません。

と思っていたら、案の定、やってしまいました。小さなゴミでも、表からは結構わかるものです。この写真は捨てるしかないのですが、推しの写真って捨てられませんよね。

Img_0447

写真では伝わりにくいのですが、これでかなり見栄えがするようになります。硬いので、額装しなくても立てかけておけます。額装する場合でも、バックシートを貼ると、かなり美しく仕上がるのでおすすめです。

 

| | コメント (0)

2023年8月 6日 (日)

七瀬美優(NoelliL)浴衣撮影会

アイドルユニットNoelliL(ノエリル)の浴衣撮影会(浅草)。個人撮影だったので緊張しました。

モデルはNoelliLリーダー七瀬美優さん。

Dsc06795nr Dsc06800nr Dsc06793nr Dsc06797nr

うちわは京都の塩見団扇さん。2012年にAGFブレンディのCMで原田知世が使っていたうちわの提供元です。つまり、七瀬美優は実質原田知世、と言っていたら別のファンの人に「原田知世、えーと、なんか有名なのありましたよね」みたいな反応でした。55歳の今もおきれいですが、デビュー当時のかわいらしさは息をのむものがあったのですが。

Dsc06705nr Dsc06720nr Dsc06719nr Dsc06763nr

浴衣はレンタルだそうですが、いい色でした。

Dsc06779nr Dsc06782nr Dsc06780nr Dsc06781nr

カメラは、ソニーα6600、レンズは35mm F1.8を2.0から2.8くらいに絞ってます。それにフラッシュHVL-F43AMでした。

ミノルタα7(ソニーのデジタルカメラではなく、ミノルタのフィルムカメラ)以来のユーザーなので、レンズの多くはミノルタ(ソニー)Aマウント。今回も、AマウントからEマウントへのマウントアダプターを使ってます。最後に出たアダプターLA-EA5はなかなか優秀で、基本的にすべての機能が使えます。

フラッシュも、ミノルタ独自シューなので、純正アダプターを使用。ミノルタのシューは脱着が簡単で良かったんですが、ソニーになってしばらくして変わりました。どうせ電気接点は各メーカーが拡張しているので、機種依存性があるのですが、物理的な形状は合わせた方が何かと便利だろうという判断です。

Aマウントのこのレンズ、筐体をプラスチックにして軽量化を図るとともに安価に仕上げており、値段の割にいい写りをするのですが、後継レンズはないようです。確か35mm、50mm、85mm、それからマクロがあったはずです。

浅草寺周辺は人も多く、どうしても寄りが中心になってしまいます。

Dsc06735nr Dsc06749nr Dsc06748nr Dsc06751nr

浴衣を含めて、和装はやっぱり帯。同じようなカットになってしまいましたが。

Dsc06752nr Dsc06753nr Dsc06756nr Dsc06754nr

有名な写真スポットらしいです。順番待ちしてました。

Dsc06758nr Dsc06760nr

スカイツリーを指したはずが、飛んでしまいました(笑)。ちなみに、英語では横位置写真を「landscape(風景)」、縦位置写真を「portrait(ポートレート)」と読んでます。横位置のポートレートがあってもいいと思うのですが。

Dsc06768nr

最後は浅草寺境内で。

Dsc06788nr Dsc06789nr Dsc06776nr

雷門でも撮ったのですが、失敗(いまどきのカメラで何を失敗するのか? という感じですがピントが合ってませんでした)。

全体に「なんとなく撮った」という感じで、撮影者の意志があんまり感じられないですね。次回がもしあれば、もう少し頑張りたいと思います。

 

 

| | コメント (0)

2023年5月21日 (日)

SaiakuNana(さいあくなな)個展

何度か紹介している現代画家の「さいあくななちゃん」、直近の記事は「姫乃たま & さいあくななちゃん」です。

2年間の渡英から帰国して、名前も「SaiakuNana」に変更しています(Webサイトのホスト名はさsaiakunanachanですが)。

美術手帖のサイトには「ロンドンを拠点に活動するアーティスト・SAIAKUNANA(さいあくなな)」とありますが、ビザの問題があって日本に帰国してます。

そのSaiakuNanaさん、過去最大規模の個展「右手に生き様 ART OF MY LIFE」が、渋谷駅近くのMIYASHITA PARKにあるSAIで開催されています。会期は5月13日〜6月4日(11:00-20:00)、入場無料です。

彼女の作品を初めて見たのは、専門学校の卒業制作展で、もう10年も前になります。その間、勢いは変わらず進化を続け、2018年には岡本太郎現代芸術賞(通称TARO賞)では大賞に相当する岡本太郎賞を受賞、単身飛び込んだニューヨークでの個展、英国でのギャラリー開設など、世界にまたがる活躍をなさっています。

久しぶりの日本での個展なので、行ってきました。もう何と言うか、ひと言で表現すると「まあ、なんと、ご立派になられて」です。

まずは設営中の様子。

Img_0395

SaiakuNanaさんの展示ではおなじみ、床まで使ったインスタレーションのようです。

そして、展示会当日。ロンドンにもあった「さいあくななギャラリー」の看板ですが、下の方に「Tokyo」と入っています。

Img_0414

土足禁止なので、入口のレジ袋に靴を入れて、スリッパで上がります。

Img_0413

最初のスペースは、比較的小さな作品を中心に、さまざまなサイズが混在しています。初期の頃からずっと続く展示スタイルです。

そもそも点数が多い上、文字が入っている絵もたくさんあるので、無限に時間を使ってしまいます。何度も見に来る方が楽しいと思います。

Img_0407

ビデオも上映されていました。

2番目のスペースに行く途中、立派なお花が出てました。私も贈ろうと思ったのですが、会場から「みなさんにお断りしています」と言われました。ま、こんな豪華なところに並べても見劣りするだけでしたが。

Img_0408

通路を抜けた2番目のスペースは、どちらかというと大物が中心でした。

Img_0409

Img_0410

続く3番目のスペースは、巨大な壁面展示。床にある画材などは、ライブペイントの道具ですね。会期中は、月曜日以外毎日13時からライブペイントをしているようです(時間の都合がつかず、まだ行けていません)。

Img_0411

最後の4番目のスペースも大物作品。比較的最近の画風だと思います。

Img_0412

物販スペースは案外小さいのですが、自作の音楽CD、帽子、シール、ちょっと凝ったバッジなどがありました。

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

姫乃たま & さいあくななちゃん

姫乃たまさんが司会で、さいあくななちゃんが出るというので行ってきました。

真面目な方はこちら。

ステージ上の「私事」と「仕事」~ 姫乃たま & さいあくななちゃん

こんなイベントです。

2人は関係ないようでいて、クリエイターとして似たものも感じました。地下アイドル卒業ライブのラストの破壊と、さいあくななちゃんの衝動は結構似てると思います。

姫乃たまさんを初めて見たのは、2011年12月30日の「コスホリック」というイベントでした。『魔法の天使クリィミーマミ』のコスプレをしてました。

20111230himeno

一方のさいあくななちゃんは、2013年2月16日、デザイン系の専門学校の卒業展示に出展されていた「部屋」が、あまりに衝撃的でしばらく動けませんでした。目当ては、シンガーソングライターの宮崎奈穂子さんのライブだったんですが、ついでなので展示を見ていこうとうろうろしていて目に止まりました。

  20130216dsc03882m 20130216dsc03881m

全然違うところで見つけた2人が一緒の場にいるというのはちょっと変な感じです。

姫乃たまさん、2014年5月にはでデジタル写真集「先生の言うとおりにしますので、内緒にしてください。」を出版、コスホリックで売ってました。援助交際をテーマにした斬新な写真集で、面白かったのですがムービーになってるのは閉口しました。見返すのが面倒で、1回しか見てません。

コスホリックでは写真集にあわせてこんな感じ(自粛しています)。

20140505dsc01814m

その頃さいあくななちゃんは、バイトをしながらの生活だった模様。2014年6月には高円寺のライブハウス「無力無善寺」を借り切って展示をしていました。

20140607dsc03140m

20140607dsc03135m

20140607dsc03146m

さいあくななちゃんの展示は、卒業制作以来、基本的には空間全体を使うインスタレーションで、個々の絵を鑑賞するのではなく、全体を感じる構成になっています。

卒業展示は 段ボールで小さな部屋を作っていたように思いますが、その後は費用も問題でしょう、空間全体を使う展示はあまりありませんでしたが、「無力無善寺」 はかなり気合いの入ったいい展示でした。

来週から、ロンドンに1ヶ月ほど滞在するそうです。特に予定もないようですが、無事帰ってきて、さらにパワーのある絵を見せて欲しいものです。

 

| | コメント (0)

2018年2月16日 (金)

祝「さいあくななちゃん」岡本太郎賞受賞

岡本太郎の遺志を継ぎ、次代のアーティストを顕彰する岡本太郎現代芸術賞(通称TARO賞)が今年21回目を迎え、大賞となる岡本太郎賞にはさいあくななちゃんが受賞したということです。

第21回TARO賞は、さいあくななちゃんに決定。敏子賞は弓指寛治

町田の専門学校で卒業制作展を見て以来、気にかけていたのですが、本当に良かった。

ますますのご活躍を期待しています。

DSC02700M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

さいあくななちゃんグループ展

ずいぶんと間が空いてしまいましたが書き残しておきます。というか、下書きのまま放置されていた。

2016年11月6日、新宿ポルトリブレで開催されていたグループ展に、さいあくななちゃんが参加していたので見て来ました。

 

この日はライブイベントがあって、さいあくななちゃんはギターの弾き語り。他の方はライブペインティングでした。

 

さいあくななちゃん、絵のレベルが格段に上がっていて、ワンステージ上った感じがします。今までの勢いはそのままに、緻密さが加わった感じです。

 

いくつかの作品にはタイトルも付いてました。今まで、少なくとも展示にはなかったと思います。

 

いろんな意見があると思いますが、タイトルがあることでイメージが広がるので私はあった方がいいと思います。自分のイメージは、タイトルがあってもなくても持てますが、作者の意図はタイトルがないと分からないので。

 

絵の値段もぐっと上がってました。今までがちょっと安すぎると思ってたので、良かったと思います。どんどん売れてほしいですね。

 

ただ、誰かが買った絵はもう一般には見られないわけで、絵は売らず入場料取るってできないのでしょうかね。商習慣が違うのでできなさそうですが。

 

朝起きて、そこに好きな絵があれば楽しいと思うけど、身近で見るよりも多くの人に見て欲しいと思います。

 

Dsc04668m   
   
   
Dsc04669m   
   
   
Dsc04670m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 4日 (日)

段ボール製デロリアン

若いアーティスト大野 萌菜美さんの作品です。
作品を売るほか、段ボールアートの講座をしていらっしゃいます。
この日は講座の日なんですが、最新作のデロリアンの展示が同時に行われていました。
https://twitter.com/mbrid02
http://ameblo.jp/ohnomonami/

Dsc04696m

Dsc04681m_2


Dsc04687m


Dsc04682m_2


Dsc04684m_2


Dsc04685m


Dsc04688m


Dsc04691m


Dsc04692m


Dsc04695m


Dsc04698m


Dsc04699m


Dsc04703m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

衣装展 & ライブイベント by MOBACO. & JIN

9月11日(日)「Future Artist Treasure」と題して、服飾デザイナーのJINさん(ビジュアル系男性)、ステージ衣装やコスプレ衣装の注文生産をしているMOBACO.さんの主催イベントに行ってきました。

衣装展示は9月5日(月)から開催されていて、11日は最終日、ライブイベントが開催されました。

  1. 水地こはる
  2. マイキー
  3. 佳城紫(かしろゆかり)
  4. 桃海
  5. 奈良有里子
  6. 織彩色舞
  7. Magical・Honey
  8. ミーウェル
  9. MOBACO. & JIN(トーク)

ライブは14:30開場、15:00開演ということでしたが、展示会もやってるので、早く行っても大丈夫だろうと思い、2時過ぎに着いたら準備中。受付の練習台になりました。

場所はライブハウスですが、普段のスタッフは最小限で、フロア担当は懇意のコスプレーヤーさんに依頼していたみたいです。

パフォーマンスの後にはMOBACO.さんを交えて、デザイナーズトーク。メモ撮ってなかったんですが、なかなか面白い話が聞けました。

 

水地こはる

アイドル... かな。不思議なパフォーマンス。年齢を聞かれて「え、30代じゃないですよ、設定上は107歳の妖精です」だそうです。

 

マイキー

MOBACO.さんが出てるライブで何度か拝見しております。今回、やっとCDを購入。

たぶん、最初に見たとき、こんなことをおっしゃってました。

(ブッキングライブで)トリが偉いわけでも何でもないけど、トリを任された責任は果たさなければいけないんだ。

どんな仕事でもそうで「部長が偉いんじゃないけど、部長の責任は果たさないといけない」みたいな話は、確かにそうだと思います。

 

佳城紫(かしろゆかり)

MOBACO.さん衣装で登場したので、ちょっと分からなかったのですが、何度か拝見しているはず。

掲載許可取ってないので後ろ姿。

DSC04481S

 

桃海

特撮ソングを歌うお兄さん。おもちゃのベルト付けてるんですけど、妙にかっこ良く撮れてしまいました。どうしてだろ。

奈良有里子

前に「写真がうまい」と紹介した方(澤村希美さんの写真の説明)。相方の澤村さんといらっしゃってましたが、今日はソロシンガー。

 

織彩色舞

色の和名を使ったパフォーマンスユニット。衣装も自作だそうです。

撮影許可出た時点でいらっしゃらなかったので、撮影していません。

Magical・Honey

2人組のインディーズ系アイドル。MOBACO.さんの衣装をよく着てます。普段のアイドルライブとは、客のノリがちょっと違って難しそうでした。

営業攻撃に陥落して、CDとチェキを購入。

 

ミーウェル

ちょっとオペラ風の発声で、あんまり聞いたことないタイプの女性シンガーさんでした。

 

MOBACO. & JIN(トーク)

JINさんは、ビジュアル系の男の子。若いけどしっかりした人でした。衣装ではないのだけど、かなり派手な服で、普段着るにはどうかな。

ご本人は「奇異な目で見られるのが気持ちいい」ということでした。

皮を多用したデザインで、基本は牛革、あとヘビ皮とかエイ皮とか。エイは、基本サメと同じなので難しそうですね。鮫肌ですから。

MOBACO.さん、キューべーみたいな衣装を展示してました。

アイドル衣装は、しばしばカーテン生地を使うとか。へえ、って感じです。

DSC04511SDSC04513S

このあと、物販&交流タイム。私は早々に引き上げました。

なかなか面白いイベントでしたね。今回、ライブの演者は、特別にMOBACO.さんの衣装着てましたが、普段着ている人だけ(マジカル・ハニーさんとか)集めてライブができたら、デザイナーズトークももっと面白くなったんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

ライブステージの写真

ライブステージの写真が好きで、機会があれば撮らせてもらってます。

見てる人にとっては邪魔なだけだし、何よりシャッター音がうるさいので、以下のようなことには心がけています。

  • 観客の邪魔をしない…できればステージ上手または下手の一番端の壁際にいる。マイクを右手で持つ人は下手、左手で持つ人は上手が基本。
  • うろうろしない…ポジションを頻繁に移動しない。移動するときはMC中、混んでいるときは動かない。
  • 背面液晶は常時オフ…昼間の野外ステージを除く
  • マニュアルフォーカス…電子音は耳障りなので、合焦音がしないように
  • 連写禁止…もともと連写はしないんですが、ライブでは絶対だめ
  • ストロボ禁止…言うまでもない
  • 三脚禁止…邪魔なだけじゃなく、足を引っかけやすいので危険

それでも、迷惑は迷惑なんですけどね。

普段は撮影禁止だけど、例外的に許可される場合もあります。その場合、たいていは何らかの制約がつきます。

  • プロフェッショナルカメラ禁止…米国で見かけました。日本だと「レンズ交換式カメラ禁止」というがありましたが、同じことでしょう。高画質の写真は二次利用される可能性が高いためです。要するに「商品を勝手に使うな」ということです。
  • 携帯カメラのみ可…上と同じ発想で、高画質禁止ということのようです。また、SNSでの宣伝効果を期待している場合もあります。
  • 携帯カメラ禁止…全く逆の例もあります。携帯カメラで撮った写真は即座にSNSなどにアップできます。これを避けるため「携帯カメラ禁止」の場合があるようです。こちらは、ライブではなく撮影会の場合に多い制約です。
  • 特定の曲のみ禁止…バラード曲など、雰囲気を損なわないように撮影が禁止される場合があります。
  • 特定の曲のみ許可…宣伝目的で、特定の曲だけ撮影が許可される場合があります。

ただ、デジカメで撮った写真をSNSに上げるのは特に難しくないので「携帯カメラだからSNSに上げやすい」ということにはならないと思います。

また、集客が増えるような印象的な写真を携帯カメラで撮るのはかなり難しいので、「携帯カメラのみ」では効果が薄いと思います。

そして、一番困るのは「特定の曲だけ許可」というものです。1曲しか撮影できないと、連写する人が増え、やたらやかましい。特に携帯カメラは、(日本では)シャッター音が義務づけられているので、まともに曲を聞く感じにはなりません。

そういうわけで、宣伝目的で撮影を許可するなら、シャッター音を消せるコンパクトカメラのみにするのがいいと思うのですが、そういう話は聞きませんね。

IMG_2230S
▲iPadで撮った写真(model まなみのりさ)

DSC06980MDSC02895M
▲一眼レフで撮った写真(model MOBACO.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 9日 (月)

MOBACO.さん、新曲発表

10月30日(金)、MOBACO.さん新曲発表ライブ。本業は衣装屋さんですが、自作衣装でときどき歌っていらっしゃいます。

今回は、なんか生地が余ったので、衣装のデザイン画を作詞作曲している友人に投げて「このイメージで適当に作って」みたいな感じだったそうです。

日程は結構前から聞いていたんですが、先に書いたとおりまなみのりさのライブと重なってしまいました。

幸い、会場は徒歩3分くらいの距離なので、早い時間だったら両方いけるなと思っていたら、18:15から。これはちょっと早すぎる。

定時に帰れるように準備して、何とか17:40に退社、18:10くらいに会場入りできました。

入ったら、男の子たちがコントみたいなことしながら歌ってました。司会はコメディアンなのでしょうか。

会場のGladは1階席、2階席、3階席とあって、1階席は盛り上がる人、2階席は音楽を聞く人、3階席は休憩と関係者みたいな感じでした。バーカウンターが3階にあるので、ゆっくり聞けますね。

写真は2階から撮影、ベストポジションは三脚に付けっぱなしのビデオカメラが占領しており、セカンドベストは人がいたので、その後ろから撮影してます。

MOBACO.さんが終わったら早々に退散したんですが、次の時間を勘違いしていて、あと30分くらいはいても良かったかも。

Dsc02821m
▲「関白宣言みたいな恋したい」かな?
 
Dsc02824m
▲同じく「関白宣言みたいな恋したい」かな?
 
 
Dsc02895m
▲定番曲「HOP STEP きらきらJUMP!」
 
Dsc02952m
▲前に「ちょっと盛ったらフォロワーが急に増えた」と言っていたので、物販中に盛ってみました。実際のサイズ聞いたら驚愕するレベルです。
 

▲関○宣言みたいな恋したい【サンプル】
 

▲君を好きな男が居過ぎる
 

▲HOP STEP きらきらJUMP!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧